NORDISK SIOUX (ノルディスク スー)

今回のキャンプの最大の目的!!
それは、新しい幕体の初張り!

・・そう。でかいの、いっちゃいました・・。

デンマークからやって来てくれた(購入先は新潟)
e0126046_23205294.jpg

NORDISK (ノルディスク)のSIOUX (スー) です!!

激戦のとんがり選手権を見事勝ち抜き、我が家にやって来たこの子。

ポイントはやはり
e0126046_23205577.jpg
このシロクマプリントでしょうね!
こんなにかわいくっていいんでしょうか??

こんな感じで
e0126046_23205680.jpg
大きくなります。

設営は考えられないくらい簡単。撤収も、ヘタしたら5分かかりません。
ペグの数は多いので、こてパパの仕事は相変わらずですが。

SIOUXを実際張ってみて感じたこと。
e0126046_2320579.jpg
ワンポールティピーなんですが、しっかりしてるんですよね。
最近、他のティピー型テントが強風にあおられて倒壊・・なブログをよく見かけるのですが、そう言ったとんがりは極端に張り紐?っていうのかな?が少ないんです。

SIOUXは、小さな三角形が連なって出来ていて その三角形ごとにベグダウン出来て、三角形ごとに張り紐がついてるんですね。

全てをベグダウンすると、かなりの強度になります。

冬場、ストーブ焚いてる所に倒壊でもされたら大惨事ですからね。

そして、評判通りのNO結露!

ランドロックも、シールドルーフを付けてからは、天井の結露はほとんど無くなったのですが、入り口から出入りする時、どんなに気を付けても服が濡れるんですよね・・。

それが!ない!!!

結露乾燥の時間が要らないのは、チェックアウトの早いキャンプ場ではすごくありがたい!!

そして、悩んだのはレイアウト。
四角じゃなくて丸。しかもど真ん中にはポールがどーん!・・。
面積も一目瞭然で、ランドロックに収まってたアイテムは全ては入りません。
e0126046_23205819.jpg
なので今回はインナーテントを持ち込まずコットで寝ることに。
コットを 』の形にレイアウト。間に焚き火テーブルを置いて、小物スペースも作ります。
e0126046_23205941.jpg
虎鉄がドロドロの足でシュラフの上に登らないかが心配でしたが、ちゃんとわかってくれてました。
夜寝てる時も、じゃんとこてパパの間を行き来する時、下に降りずに 小物置きのテーブルをまたいで行き来してくれてました。

おりこうさん!!

その上SIOUXは、スカートが外に出すタイプでなく内に折れてるタイプなんですね?
なので、虎鉄も脱走が出来ない仕様になってるんです。

蒔きストーブをテントの中でも出来る構造になってるので、アルパカ付けっ放しで寝てみましたが、全く問題なし、そしてむしろ暑いくらいでした。(あくまでも自己責任です。)
e0126046_2321080.jpg
そんな感じなSIOUXですが、唯一の弱点は水。
雨の日は張ることが出来ません。

最近は天気予報を見て出撃するようにしてるのでいいんですけど、急な雨は困るなぁ。
あと、メッシュが無いので夏は無理かな。虫が入って来てOKなら問題無いですが。

SIOUX、想像以上にステキなコットンティピー型テントでした!
[PR]

by cote2camp | 2011-03-12 12:58 | テント